本日も三鷹から 

やらしい事考えてます

就活生にとってはそれでも電通は神ブランド

 

 

f:id:aiboui81:20161010105234j:image

 

2016年10月8日

 

最近、電通についての良くないニュースをたくさん見る。

 

・パナマ文書での不正決算

・広告代の過剰請求

・新入社員の過労死

 

1年間でこれだけたくさんの悪い噂を聞きまくったのは三◯自動車くらいしか思いつかない。

 

 

しかし、就活生にはそんなの関係ない。

給料、知名度、華やかさ。どれをとっても超一流である電通に入社を希望する学生は今後も減らないだろう。

 

ちなみに私も今年の就活の際にプレエントリーだけはした。商社のみを志望していた私だがそれでも電通だけはプレエントリーはした。

なぜか

 

あまりにも絶対的な存在であるからだと…思う。今内定をいきなり貰えるのならば、内定先は気に入っているがそれでも心が揺るぐかもしれない。

 

プレエントリーしただけで150ページほどのフルカラーパンフレットを郵送で送ってきたのは、後にも先にも三菱商事と住友商事と電通

だけである。

 

ちなみにパンフレット完成度で言えば、全ての企業で住友商事がNo. 1だと感じた。

「全力世界」という意識高い系の就活生の心を最高にくすぐってくるフレーズで表紙、背表紙とも地球の写真を貼り付けており、規模のデカさに背筋が凍りついた記憶がある。

 

 

 

 

さて、

 

 

東大卒の美人電通新入社員の方が自殺をしたというニュースを見た。

 

よほど辛い事があったのだろう。心の底から御冥福を祈ります。

 

そしてYahooニュースのコメント欄を見ていると

・なんでこんなブラック企業に入社したんだ

・なぜ辛くて我慢できないという時点で退社しなかったのか

・誰かに相談しなかったのか

 

等のコメントをたくさん見る。これについて就活生の視点から一言述べたい。

 

東大生といえども電通は簡単に入れる企業ではない。

この女性もいくつか内定をもっており、その中で電通を選んだはずである。

 

誰でも入れる企業ではない。ほんっっっとうにエリートなごく一部の層しか入社できない。周りからは必ず「凄い‼︎」と称賛される企業に入社できたのだ。羨望の眼差しを受け続ける。

 

 

簡単に辞められるはずがない。

 

 

 

入社前の説明会なんか、会社の雰囲気など毛ほども分からない。ましてや誰が上司でどんな人なのかなんかは決めようがない。それでも入社したかった。だって電通なんだから。

 

どれだけ労働環境が悪かろうと、どれだけパワハラセクハラを受けようとも簡単には辞めたくない、だって電通なんだから。

 

 

 

この傾向は今後も必ず続くだろう。

転職会議なんかでどれだけ悪口を書かれていても関係ない。全力で入社したいと思う就活生は減らない。だって電通入社=エリートなんだから。

 

 

責任感や自尊心が強い人ほど辞めないのだろう。

 

正直、私程度がこんな闇深い問題の解決策など思いつくはずがない。

 

 

どうか1人1人が強い心を持って生きていってほしい。

そう願うしかない。

 

 

高橋まつりさんの御冥福を心から祈ります。

 

 

 

海外でOB訪問したらフルボッコにされた話②

 

 

で、今回はどういう企業にどういう話をしたかを綴りたいと思う。

 

 

 

splendorfamily.hatenablog.com

 

 

まずは訪問企業の選定について

 

①規模

私は大前提として駐在員に話を伺いたかった。つまりは駐在員を置いているほどのある程度の規模である事を求めていた。以外とわたしのいた都市には多くの日系企業が駐在員を置いていた。私は商工会議所に電話番号等が載っていた企業に片っ端から凸電していったが、よく調べてみると商工会議所に登録はしていないだけの大企業支店も多く存在していた。

 

②メール

電話をするとほとんどの企業が「まずはメールを」という展開になったので教えてくれたアドレスにメールを送りまくった。しかしどの企業に行っても聞きたい内容はそんなに変わらなかったので使い回す事ができ、アドレスゲットの後5分後には長文を送る事が可能だった。

学生ながらも相手は駐在員になるほどある程度の経験を積んでいる訳だったので、最大限に気を使った文面でもを作った。内容としては

 

「〇〇様

 

はじめまして。〇〇大学の本日三鷹と申します。

 

先ほどはお忙しい中、唐突に不躾なお願いの電話をかけてしまった事、深くお詫び申し訳ございませんでした。

 

わたしは現在休学し、ワーキングホリデーで〇〇に滞在しております。しかし、このまま1年間働くだけでは来年の就職活動にあまり活かせないのではと最近思うようになりました。

来年就職活動を控えており、どの企業を受けようかと正に今悩んでいるところです。しかし、将来的に駐在員として海外で働きたいという思いがあります。

 

そこで、海外に幅広く展開している〇〇という企業に興味を持ちました。

 

ぜひお仕事のお話を聞かせていただけないでしょうか。

 

聞きたい内容といたしましては

・〇〇

・〇〇

・〇〇

などです。

 

 

中略

 

 

よろしくお願いします。

 

 

本日三鷹」

 

 

という感じである。

 

当時は最大限に気を使ったつもりだが、もう少し丁寧に表現すべきだったなーと思うところもあるが、それでも10の大企業が面談を良書してくれたので結果が出オーライである。

 

 

③質問内容

 

一番気になるのはこの点だろう。

面談といっても知らないおじさんと小一時間ほど向き合うのである。しかし、相手は忙しい身なのでその時々で質問を考えるというのはやってはいけない。

必ずメモ帳に質問内容を15個くらいは書いて、相手の答えのみをメモするという状況で臨むように気をつけていた。

失敗内容としては

・現在までの経歴

・その人の就活の話

・駐在員になるまでの流れ

・駐在員と日本での仕事の違い

・海外での暮らしぶり

・〇〇株式会社で働く事で得られた能力

・仕事する上で大切な事

・海外で気付いた日本でこーすべきだった点

・取引先で良いなと思う企業

・その人の今後のビジョン

 

等。この倍くらいは質問を準備していた。

企業によっては日本食レストランで飲みながら3時間仕事の愚痴を聞いていた事もあった。

活動しながら知ったのだが、駐在員同士は凝縮問わず付き合いがあるらしく商社の人がメーカーの〇〇さんと仲良いってのもザラにあった。

 

そしてどの駐在員にも共通していた事だが、他社の悪口は絶対に言っていなかった。ここ部分こそ1番知りたかった事なんだがなぁ。やっぱり社会人は大人だなと思っていた。

 

 

 

 

 

活動の感想と就活への影響

 

何事もやってみたら以外といい方向へ転がっていった。正直五代商社なんかにいきなり電話をかけるのはかなりビビったが、話しはじめたら相手も人間なので普通だった。コネなんか皆無の私など絶対相手にされないと思っていたが、案外良い感じに相手してくれた。

 

 

就活ではそれなりに役立ったと思う。面接でそういう事してたってネタにもなったし、年上のおっさんと話すのも全くビビらなかった。

しかし、この活動だけでどんな企業にも入れるほど就活は甘くない。

もっとビックリ仰天の活動をしていた学生をたくさん見た。

 

 

 

人それぞれだな。

 

海外でOB訪問したらフルボッコにされた話①

 

 

私は海外で日本企業の現地法人や支店に対しOB訪問をしていた。

 

当時の私は大学3年を終えて1年間の休学により、とある国に来ていた。

その国でワーキングホリデーをしていた。

しかし、ワーキングホリデーというのは留学と違って働きまくったり遊びまくったり、旅行しまくるもので、資格や特殊能力は手に入る事はなかった。英語は上達していたが総合商社に入りたい人間ならば最低限くらいのレベルでしかなかった(TOEIC820くらい)。

 

2015年3月〜2016年2月のワーホリ期間だったわけだが、最初の半年間をとあるリゾート島で働き終えたあたりで私は

 

このままでは就活で武器になるような経験が蓄積されない。

 

と思ったのだ。

そこで、OB訪問をした。現地の駐在員に。駐在員にOB訪問をした理由は3つ

 

①もともと商社志望ではあったが商社が何をしていて、商社といっても企業ごとにどう違うのかを全く知らなかったのだ。そこを直に聞くことで明らかにしたかった。

 

②私は将来、駐在員になりたいと思っていた。そこで、駐在員の生活や給料なんかを聞きたかった。後、日本と海外で仕事内容がどう違うのかなんかも気になっていた。

 

③あわよくばインターンをさせてもらおうと狙っていた。作戦として

はOB訪問

→気に入られる

→お仕事手伝わせてください!メール

→気に入られて仕事する。インターンとして。

→仕事を全力でがんばり、駐在員に「こいつ有能な。採用な。」と本社にメールさせる。

→帰国と同時に採用。

 

という感じで狙っていた。

ま、そう上手くはいかなかったわけで…

 

 

 

 

 

 

で、気になる方法である。

海外でOB訪問といってもやり方なんか全く分からない人がほとんどだろう。私も分からなかった。ググってもそんな事やってる人いなかったわけで。というわけで、私がマニュアルを作る勢いでありとあらゆる手段を用いて駐在員とコンタクトをとろうとした。以下、その珍行動を綴る。

 

・ネットで気になる企業のホームページから自分の都市に支店があるかをリサーチ。いきなり「あなたの企業に興味があるので、駐在員の方からお仕事のお話を聞きたいです!」と突然電話する。

ここでいうOB訪問というのは、同じ大学とか高校とかは関係ない。というより、関係ないものだと私が勝手に判断した。その企業に入るかもしれないのだから全員OBだと解釈した。何事もプラス思考でね。

 

 

 

・その都市の商工会議所に行って「日本企業のリストください。とゆーかインターンとか紹介してください」と言ってみる。

もちろん2つとも失敗。ただ商工会議所のホームページに日系企業がリストアップされていた事に気付けたので、だいぶリサーチが楽になった。

なんか最近、オフィスの前で待ち伏せして社員捕まえて話を聞くというヤクザまがいの事をしている連中が多いらしいが、これは企業から全く評価されず、ただのマイナスなのであしからず。

 

 

・お話を聞かせてもらった駐在員から芋づる式で人を紹介してもらう。

これは1人しか成功しなかった。

 

 

 

 

 

とまぁ、そんなこんなで約50社に連絡をとり11社の駐在員の方からお話を伺う事ができた。いずれも日本を代表するような商社かメーカーであった。

基本的に成功の流れは

 

支店にいきなり電話

→「とりあえずメールくれ。」と言われるのでメールで仰々しくお願い

→日程調整

→ジャパレスorオフィスで面会

 

というケースが多かった。企業によっては異国で日本酒を共に楽しみやたらと仲良くなった人もいた。もちろん奢ってくれた。

 

 

まぁ断り方が雑な企業もあったし、全く相手にされないところもあれば、凄く褒めてくれて丁寧な対応をしてくれた企業もあった。企業といったも人だなーとつくづく感じた瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

 

と、長くなってしまうので、どういう話をどういう企業の人たちとしたのか、就活でどう活かしたのかというのは、また別記事に綴るとする。

 

「不倫」を「プリン」と呼べば平和が来る

 

不倫ていう言葉の響きが好きじゃない。

 

みんなプリンって言えば世の中もう少し落ち着くんじゃないか。

 

 

 

OLA「ねーねー、木村課長ってプリンしてるらしいよ」

 

OLB「えー!あの木村課長がプリン!?凄い奥さんと仲良さそうだったのになんでプリンに走っちゃったんだろ…」

 

OLA「だよね〜。しかもプリン相手が経理の田中さんらしいよ」

 

OLB「えぇぇぇ!じゃあダブルプリンじゃん!みんななんでそんなプリンしたがるのかなぁ。こんなんじゃ結婚生活に夢持てないよ〜泣」

 

OLA「しょせんプリン、されどプリンだもんね。さすがにプリンとプリンがくっつくってのはないと思うけど、うーん新宿でスズキちゃんがプリン現場撮影したって言ってたからねー。こりゃードロドロいきそうだわ」

 

OLB「あらあら、プリン現場取られちゃもう木村課長も先は短そうだね」

 

 

 

 

 

いかがだろう。不倫をプリンに変えればなんか女子っぽい可愛い会話になった。

 

私は幼い頃からなんていやらしい言葉なんだろうと「不倫」を目の敵にしていたので、この際可愛くしてしまおう。ゲスと矢口がプリン!とか言ったら可愛いじゃん。

 

 

 

いや、プリンはよくないよ!

 

商社の内定式は動物園

 

 

f:id:aiboui81:20161010105350j:image

10月始めの月曜日にだいたいどこの企業も内定式をとり行う。

 

というわけで6月に就活を終えてスーツをプーさんとかの衣装袋と一緒にしまったせいでぐちゃぐちゃで、ビジネスバッグが変なねじれ方をしていることに先週気付いた私は朝にクリーニング屋からスーツをとってきて一安心してから家を出た。

 

内定式の流れはこんな感じだ

 

①集合

時刻は昼前。同期との初顔合わせだ。ただし、企業によっては内定式前から懇親会を開いているところもあるらしいが、なんせ私にとっては人生初の社会人同期だったので緊張した。

しかし、そんな緊張も会場に入れば吹き飛ぶ。顔合わせ10分後にはうるさいと人事から怒られる。

 

②内定式

内定書授与式。集合してから20分後くらいからこれが始まった。1人1人名前を呼ばれて内定書を受け取ったので、賞状なんか小学生の時に一度しかもらった事がない私は、こんなの何年ぶりだろーと変なことを考えていた。30分くらい。

 

③食事会

丸の内なため、すぐ近くに高級なランチ会場が準備されており味のわからん高級そうなものを食べた。メニューにランチ4000円と書いていた記憶がある。1時間くらいだったかな。常務や部長に囲まれていたため、味は全く覚えていない。しかし騒ぎすぎて今度は課長に怒られる。

 

④就業規則説明

お仕事のルールの説明。30ページあるレジュメを一字一句飛ばさずに全て説明しきった人事は仕事を全うしたと言えるだろう。私は人事だけはしたくない。これも1時間くらいだ。

 

⑤宿題配布

簿記三級とビジネス検定三級をとりゃないけんらしい。まぁ昇級時に必要らしく、入社までというわけではないので安心した。テキストを配られた。5分。

 

以上、約3時間で終了した私の人生初の内定式。

 

その後は動機全員で飲み会&カラオケに行きみんなで就活でどこと迷っていたかとか、これから何するのかとかいろいろな事を質問しまくっていた。みんな良い奴みたいでよかった。

 

みんなに共通していた事が1つある。

 

 

就活中はどの企業が残業がーとか、事業内容がーとか、ブラックがーとか、いろいろ考えるが一旦決まってしまえばどうでもいい。

みん就などの就活サイトも一切見なくなる。

極端に廃人化したのは私だけではなかったのだ。よかった。

 

 

やはり商社なので明るいやつが多かった。というよりほぼ全員割と遊んでる雰囲気があるやつだ。それかインテリ臭がちょっと漂うやつ。商社の内定式は動物園と言われているが、あながち間違いではない。女子総合職なんか強い女の象徴みたいだった。

 

 

以上、内定式は人生に一度あるかないかのイベントである。

まぁだいたい面白いものだと思うので、楽しんでほしい。

 

 

 

ドラマ「家売るオンナ」は割と良いドラマだったと思うの

 

 

まぁまぁ内容はそんなに濃かった訳ではない。

 

このドラマは2016年7月〜9月に日テレで放送された北川景子主演による、とある不動産会社の日常風景を描いたドラマだ。この北川景子演じる主人公の三軒屋 万智が強烈なキャラクターを持っており会社の同僚達が振り回されていくという展開である。

 

「私に売れない家はない!」

「Go!」

 

この2つが三軒屋の決め台詞としてよく使われていた。自信の塊である三軒屋の営業や仕事スタイルを見るのは、日頃仕事できない部下に振り回されている私からすると非常に爽快であった。(あなたは仕事を辞めなさい!と平気で部下に言っていた)

 

 

さて、このドラマ。一見すると普通のドラマであってそこまで騒がれる内容ではないよくな気がしないでもなかったのだがなんと、世界8ヵ国で放送されていたらしい。水10ドラマだったこのドラマが各回放送された1時間後に5ヵ国で、1週間後に3ヵ国で。それもアジア圏だけでなくアメリカでもだ。

 

 

いったい何故か?

 

「面白いから」に尽きるのだが…

 

 

家売るオンナは見ていて非常に気分が良くなるドラマだったのだ。以下に理由をつづる

 

 

① 主人公が自信満々

 

主人公である三軒屋万智の自信が半端ない。キャラ薄い周りの脇役達をボコボコにしていくドラマなため、自分が一番仕事ができるという自信があり数字をバンバン出していく。ノホホンとしている部下を徹底的に昔ながらのスパルタ式でこき使っていく様は、男社会が長い私にとっては最近のウジウジした男と女のウジウジドラマを見るよりはるかに爽快であった。

 

② ネガティヴ要素がない

 

いや、課長含めネガティヴ要素は多かったのだがそれを徹底的に三軒屋が正してくれた。一話完結型のドラマスタイルで、基本的に最後は家を売って終わってくれるのでモヤモヤを来週に持ち込まなくてすんだ

 

③ 登場人物が少ない

 

5人ほどの固定メンバーを中心にドラマが進んでいき、お客さんはゲスト出演者という形が多かったので最後まで共演者をボコボコにしていく様はドエスな私にとっては爽快だった。

 

 

④ 恋愛要素が極端に少ない

 

ドラマ=恋愛という図式が固定化されている日本人でそれを徹底的に排除していたのは好感度が高い。水上曜日の夜10時に見たいのは知らない男女の恋愛ではない。その日のイライラを解消する何かだ。三軒屋万智はそれが上手かった。

 

 

以上、家売るオンナが面白かった理由だ。

世界で放映されるのはやはり理由がある。

仕事が休みの日にストレス解消のために見るには持ってこいだと思う。

 

男も匂いが9割。モテる秘訣は柔軟剤とミストスプレー

 

 

とにかく匂いが第一。

 

顔や身長は今すぐ直せない。そりゃ多少小綺麗にする事は可能だが、それは一番ではないのだ。まずモテるために着手するべきは匂いである。

 

電車の中でとんでもないブサイク顔を作っていても誰にも迷惑がかからないが、臭いのはとても迷惑だ。もはや犯罪だ。電車に乗る前に匂い検査が本気で欲しいと私は思っている。

 

いいですか、匂いは一瞬で直せます。お金も全くかからない。家を出るときに10秒間だけ匂いの事を考える時間を作ってあげればそれでいい。

 

ここで注意して欲しいのは、決して消臭剤どーこーと言っている訳ではない。最近松◯修造が「男の匂いは!」とどーたらこーたら言っているが、消臭剤はいい匂いではない。ギャッツビーとかリセッシュなんかは汗臭い匂いを消すのかも知れないが私の経験上、消臭剤はあまり効果がない。というより、自分の匂いが消えたところで自分で実感できるやつは人間ではない。犬くらいだ。犬を飼っていたら犬で試してね。吠えたらあんたはまだ臭いんだ。

 

 

さて、本題だ。

 

 

モテたい男どもが使うべきミストスプレーはこれである。

 

f:id:aiboui81:20161001085853j:imagef:id:aiboui81:20161001085909j:image

 

kitson ソフナー(キットソン)

 

 

 

私が愛用しているため思いっきり部屋の中で撮っている。リアリティとして捉えてほしい。

 

香水?いや違う。香水は全体的にいやらしい感じがするのでダメだ。香水系男子ってだけでDQN確定だ。ピンク色のミストスプレーならだいたい間違いないが、全部試すわけにはいかないのでまずこれいっとけ。

 

 

部屋を出るときに服に振りかける回数も重要である。

 

①5回

ほんのり香る。自分のみ良い匂いを発している事にかろうじて気付ける。そして甘い匂いに酔ってキモい顔になり周りからはドン引きされるだろう。やはり中途半端はダメである

 

②10回

けっこう香る。すれ違った人は「あ、今の人良い匂いだったな」と、間違いなく思うだろう。電車の中では隣にいて嬉しい部類に入れる。振りかけるポイントとしては胸、腕、背中に4.4.2くらいの配分で良いだろう。とにかく上半身を優しく包んであげる事が大切だ。きっと損はしない。キットソンだけに。

 

③20回

めっちゃ香る。ここまで香る必要はない。香水は一気にこのレベルまで匂いが強くなってしまうのでだめだ。20回も振りかけると、何より服が濡れる事間違いなしなので、家を出るのが10分遅れる

 

④30回

濡れる。洗濯しなおし。

 

 

結論

キットソンを10回振りかける習慣をつけるとあなたはきっとモテるだろう。それくらいの自信をくれる良い匂いなのだ。男も女も使える。どっちかというと女用だが、女受けを狙う男子なら関係ない。

 

男は匂いが9割だ。匂いで女をKOしてやれ。