読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も三鷹から 

やらしい事考えてます

【人力車】雨の日、浅草では人力車に乗ろう

 

f:id:aiboui81:20160914083928j:image

台風前の雷門は写真のように折畳まれる。

 

 

 

さて、

 

 

 

 

実は雨の日だろうと、利用する人数はそこまで変わらない。

 

 

ただ、街を歩く人の絶対数が減ってしまうため、圧倒的にお客さんを取りづらくなってしまう。業者もたくさんいるのでね。

 

 

 

人力車が走っている地域というのは、歩いて周る範囲が広い街であることが大前提なので、観光タクシー代わりに使いたいという層が現れる。

 

そんなお客さんを見つけられるかどうかが車夫の腕の見せ所だろう。

 

 

 

 

特に、浅草という街では雨の日には何故なのか、外国人の利用者が多くなる。

 

 

引っ張る側としては滑りやすく、走りにくいというのはあるが、道に立って営業し続けるよりかは体があったまるので、雨の日のお客さんは嫌いではない。むしろ、みんな喜んで走るだろう。

 

もちろん、滑って危ないと言っても、車夫たちはちゃんと訓練は受けているので問題はない。

ゆっくり走るし、周りもよく見る。

大手ならどこでもまぁ安心だろう。大手ならね。個人は………申し訳ないがわからない。

 

 

 

車夫はほどんど雨の日のサッカー部の部活のように、謎のテンションナチュラルハイになるため、それはそれで面白いガイドをしてくれる事が多いだろう。

 

 

 

結論。雨の日に街を観光するのであれば、それこそ最高の乗り物であると思う。足元も汚れないし、歩くのが億劫な天気でも、周る速度は徒歩並みなので観光気分にもなれる。

 

 

というわけで、雨の日に浅草を観光するなら乗っとこう。