読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も三鷹から 

やらしい事考えてます

商社の内定式は動物園

 

 

f:id:aiboui81:20161010105350j:image

10月始めの月曜日にだいたいどこの企業も内定式をとり行う。

 

というわけで6月に就活を終えてスーツをプーさんとかの衣装袋と一緒にしまったせいでぐちゃぐちゃで、ビジネスバッグが変なねじれ方をしていることに先週気付いた私は朝にクリーニング屋からスーツをとってきて一安心してから家を出た。

 

内定式の流れはこんな感じだ

 

①集合

時刻は昼前。同期との初顔合わせだ。ただし、企業によっては内定式前から懇親会を開いているところもあるらしいが、なんせ私にとっては人生初の社会人同期だったので緊張した。

しかし、そんな緊張も会場に入れば吹き飛ぶ。顔合わせ10分後にはうるさいと人事から怒られる。

 

②内定式

内定書授与式。集合してから20分後くらいからこれが始まった。1人1人名前を呼ばれて内定書を受け取ったので、賞状なんか小学生の時に一度しかもらった事がない私は、こんなの何年ぶりだろーと変なことを考えていた。30分くらい。

 

③食事会

丸の内なため、すぐ近くに高級なランチ会場が準備されており味のわからん高級そうなものを食べた。メニューにランチ4000円と書いていた記憶がある。1時間くらいだったかな。常務や部長に囲まれていたため、味は全く覚えていない。しかし騒ぎすぎて今度は課長に怒られる。

 

④就業規則説明

お仕事のルールの説明。30ページあるレジュメを一字一句飛ばさずに全て説明しきった人事は仕事を全うしたと言えるだろう。私は人事だけはしたくない。これも1時間くらいだ。

 

⑤宿題配布

簿記三級とビジネス検定三級をとりゃないけんらしい。まぁ昇級時に必要らしく、入社までというわけではないので安心した。テキストを配られた。5分。

 

以上、約3時間で終了した私の人生初の内定式。

 

その後は動機全員で飲み会&カラオケに行きみんなで就活でどこと迷っていたかとか、これから何するのかとかいろいろな事を質問しまくっていた。みんな良い奴みたいでよかった。

 

みんなに共通していた事が1つある。

 

 

就活中はどの企業が残業がーとか、事業内容がーとか、ブラックがーとか、いろいろ考えるが一旦決まってしまえばどうでもいい。

みん就などの就活サイトも一切見なくなる。

極端に廃人化したのは私だけではなかったのだ。よかった。

 

 

やはり商社なので明るいやつが多かった。というよりほぼ全員割と遊んでる雰囲気があるやつだ。それかインテリ臭がちょっと漂うやつ。商社の内定式は動物園と言われているが、あながち間違いではない。女子総合職なんか強い女の象徴みたいだった。

 

 

以上、内定式は人生に一度あるかないかのイベントである。

まぁだいたい面白いものだと思うので、楽しんでほしい。