本日も三鷹から 

やらしい事考えてます

FINAL FANTASY ピアノコレクション最高

 

 

2ちゃんまとめで今なお勢いが劣ることなく必ず週に1度は目にするワード。

 

他でもない。FF。ファイナルファンタジーの最高傑作は何であるか。但しナンバリングタイトルに限る。ー2などは認めない。オンライン要素の11と14も認めない。

 

総じて面白い(13以外)ファイナルファンタジーであって、まとめで大きく論議されているたびに同じような不毛な争いを見かける。だが、それでいい。皆がFFをいかに愛しているかがあの議論からは見て取れる。そうだ、もっと論議しろ。あわよくばFF専門の2ちゃんまとめとか作ってくれ。

 

個人的な最高傑作は9である。有無を言わせず9である。理由?全てである。この世に生を受けFF9と出会い、FF9についてブログで語る事が神が私に与えた唯一のミッションなのかもしれない。おそらく書き終わったら消えて無くなるのだろう、そうはいかんFF15をプレイせずして死ねるものか。

 

さて、FF9については後日熱弁するとして、今日はFINAL FANTASYが生み出したファンの心を今なお浄化し続ける至高のヒーリングピアノメロディーである、FINAL FANTASY PIANO COLLECTIONについて語る。

 

このピアノコレクション、FFのナンバリングタイトルのものはほとんど全て発売されている。

1〜10までが植松伸夫氏。12が崎元仁氏。13が浜渦正志氏。この3人の神々によって今日も私は心を癒されているわけだ。

 

それぞれのCDは約10〜15ほどのトラックで構成されている。言わずもがな全て神曲である。

基本的にはゲームで流れていたBGMを全てピアノアレンジした物なのだが、たまーに原曲と大きく変えてくる物もある。9のボス戦は激しいにもかかわらず基本に忠実に再現されていたが、7のセフィロスのテーマ曲なんかは正直…って感じであった。…って感じの神曲だった。

 

全てのCDの完成度が高く、スマホにインストールして以来おそらく、300回はローテーションしている。飽きない。電車の中で聞いていたらまるで冒険しているかのような錯覚に陥る。

 

個人的には8.9.10の完成度が飛び抜けていると思う。8のeyes on me. 、9のmelodias of life 10のザナルカンドにて、なんかは楽譜を購入して自分で弾けるようになって以来、たびたび聞くために弾いていた事を覚えている。

 

楽器界の神様であるピアノの魅力を存分に発揮しているこのシリーズ、FF好きで存在を知らなかったという人は今すぐ聞こう。人生が14倍くらい豊かになるだろう。今年の11月にFF15が出るから来年には15倍だ。

 

ジブリとかディズニーとかの明るい曲でもピアノになると途端に美しい音楽になるというのは周知の事実であり、それがFFとなればもうなんだというのだ。美しいの最上級である。

 

 

ちなみに

YouTubeなんかでBGMと調べると1時間をゆうに越す音楽のみ動画があるのをご存知だろうか。何かの作業をする時に流す作業用BGMやテンションを上げたい時に聞くアゲアゲBGM、心を落ち着ける系のヒーリングBGM等がある。が

 、FFピアノと比べるとどれも鼻くそであるのだ。

 

 

 

とりあえず1番はFFなのであって、ピアノも1番なのであって、それらが合体したFFピアノは神なのだ。

 

さぁ聞け、今聞け。

 

聞いてくれぇぇぇぇぇぇぇ!